アイピルはできるだけ早く服用しよう!

心配している女性

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。
アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。
有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。
結果として妊娠を防ぐことに繋がります。

アイピルはあくまで妊娠を回避するための薬であり、中絶をするための薬ではありません。
妊娠してから服用しても効果は得られないため、早めに飲んでおくことが大切です。
アイピルの避妊率は服用が早いほど高くなるということです。
72時間以内に服用した場合、約80%の確率で避妊できると言われています。

72時間を過ぎてしまっても120時間以内に服用すれば避妊効果があるということです。
もちろん72時間以内に服用した場合と比べたら避妊率は低下してしまいますが、約60%の確率で避妊できるとされています。
72時間を過ぎてしまっても諦めずにアイピルを服用しましょう。

アイピルはジェネリック医薬品ですが、元の薬と同じ有効成分が配合されています。
そのためほとんど同じ効果が期待できるということです。
アイピルで避妊したいという場合、性行為をしてから72時間以内に1錠を服用することがポイントです。
避妊に成功したかどうかは出血があるかどうかで分かります。
また、検査によって妊娠していないかどうかを判断することもできます。

アイピルを服用すると吐き気などの症状が出やすいとされていますが、飲んですぐに嘔吐してしまったら注意が必要です。
成分が体内に吸収されるまで1~2時間かかると言われているため、服用して1~2時間以内に嘔吐したら追加でもう1錠服用しましょう。
追加で飲んだアイピルも嘔吐した場合、自己判断でさらにアイピルを追加すると体への負担が大きくなってしまいます。
その場合はドクターに相談して最適な対処法を教えてもらうようにしましょう。

吐き気や頭痛、アイピルの辛い副作用を知っておこう

アイピルの副作用で最も多いとされるのは吐き気です。
吐き気だけでなく、頭痛や不正出血、嘔吐、下腹部の痛み、眩暈、倦怠感などの症状が出てしまうこともあるので注意しましょう。
吐き気や頭痛、不正出血などが起こってしまう原因としては、ホルモンバランスが乱れるということが挙げられます。

アイピルの副作用はホルモンバランスが乱れることで発生すると言われています。
このような副作用が出てしまうと辛いものですが、だいたい1~2日程度で治まるということです。
自然に治まることが多いのであまり心配しなくても良いでしょう。
しかし、なかなか症状が治まらない場合や症状が悪化していると感じた場合、ドクターに相談してみるのがおすすめです。

辛い副作用を軽減したいという場合、アイピルを服用する前に食事を摂っておくという方法があります。
特に吐き気を抑えたい場合は空腹時ではなく、ある程度お腹を満たした状態で服用すると良いでしょう。
アイピルの服用を考えているならグレープフルーツは食べない方が無難です。
グレープフルーツには薬の成分を強くしてしまうという作用があるため、副作用のリスクも高くなってしまうということです。

アイピルで副作用が起こった場合、市販の薬を飲むことで症状を軽減する方法もあります。
頭痛が起きたら頭痛薬が良いですし、吐き気が起きたら吐き気止めを飲んでみましょう。
アイピルは市販の薬の影響は受けないと言われているため、併用しても特に問題ありません。

アイピルは一時的に女性ホルモンを急激に増やすことで避妊効果を得る薬です。
避妊に失敗してしまった時はとても役に立つ薬ですが、体への負担も大きいことを知っておきましょう。
より確実に否認したい場合は低用量ピルを利用するのがおすすめです。
低用量ピルの避妊率はほぼ100%と言われており、体への負担も少ないということです。

関連記事
「もしかして不感症?」そんなお悩みにはラブグラ! 2020年04月05日

性の悩みとして勃起不全(ED)で医療機関を受診するのは男性ですし、女性には一般的に性の悩みは無いのかと思われているかもしれませんが、実際には不感症であったり性交痛など、悩みを感じている女性は多いです。しかし性にオープンでは無い女性が多いことから、他の人に相談しづらく一人で悩んでいるというケースも多い...

薬はちょっとという方にも、色んな避妊方法があるんです! 2020年03月01日

恋人や結婚相手がいても、今は子どもを産むには早いと感じる方は性生活において避妊することが必要です。避妊には様々な方法があり、一番多いのはコンドームを使う方法でしょう。しかし、コンドームはそれだけでは正しく使わないとはずれたり破れたりしやすく避妊効果が低くなってしまいます。ですので、コンドームのみの避...

通販で購入できるアフターピル「アイピル」 2019年11月15日

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時...

女性には欠かせないホルモン「エストロゲン」 2020年02月05日

エストロゲンは脳の指令によって分泌される女性ホルモンです。そのため、自分で分泌量を増やすことはできません。そもそもエストロゲンなどの女性ホルモンは、女性が妊娠・出産するためのものです。エストロゲンは卵巣から主に分泌されて、子宮内膜を増殖させて厚くし胎児のベットの役割を果たすための作用があります。もう...

トリキュラーの副作用が辛いときはマーベロンを試そう 2020年01月08日

トリキュラーは低用量ピルの一種ですが、副作用が辛い場合はマーベロンを試してみると良いでしょう。マーベロンは第3世代の低湯量ピルに分類されており、有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルとなっています。エチニルエストラジオールとデソゲストレルを体内に取り入れること...