アフターピルは病院でしか手に入らない?

薬を飲んでいる女性

一般に避妊をする方法として知られているのが、低用量ピルを日頃から服用する方法です。
低用量ピルには様々な種類があり、避妊以外にも生理による苦痛を和らげる作用があるなど、女性には欠かせない薬でしょう。

そんな低用量ピルとは別に、緊急の避妊薬として知られているのがアフターピルです。
アフターピルは名前の通り性行為を行った後に服用するもので、妊娠の可能性がある性行為をしてしまった場合に72時間以内に服用することで避妊することができます。

アフターピルは低用量ピルと同じく、病院で処方してもらうことが可能です。
「何科に行けばもらえるのか」と初めて利用する場合は疑問があるかもしれませんが、主に病院で婦人科を受診すれば良いでしょう。

ですが、病院に行ったからといって、ただ売ってほしいと言うだけでアフターピルを入手できるわけではありません。
医師から薬として処方してもらうわけですから、当然検査結果からその人に向いた薬として提供されます。
そのためアフターピルの場合も検査を受ける必要があります。
その人の体質について検査を行い、アフターピルの性質に合っているかどうかを確認した後、適切なアフターピルが処方されるのです。

病院で処方してもらう際の料金が気になるという方も少なくありません。
低用量ピルのように継続的に利用するわけではなくとも、できれば安く入手できる方が良いでしょう。
アフターピルそのものの料金ですが、病院で処方される場合は1錠(一回分)で7000円~1万円ほどかかります。

また、アフターピルだけでなく検査を受ける際にも診察料というものを払わなければいけません。
診察料は病院によっても様々ですが、精密な検査を行おうと思うと1万円~2万円ほどの料金になることが多いです。
安いと感じる方もいるかもしれませんが、合計すれば3万円以上かかってしまう場合もあるため、収入の低い女性からすれば高い出費になるのではないでしょうか。

アフターピルは個人輸入や通販でも購入できます!

アフターピルを婦人科で処方してもらう場合、高くて買い控えてしまう方も少なくありません。
しかしアフターピルをもしものために常備しておきたいという方が多いのも事実です。

そのため、より安く入手できる方法をとるのが良いでしょう。
アフターピルは病院で処方してもらう以外に、ネット通販を通じて個人輸入するという方法もあります。
個人輸入というのは、簡単に言えば「海外から個人で商品を購入する」ということです。

「処方箋なしで買うのは違法じゃない?」と疑問を持つ方もいますが、もちろん日本で処方箋なしに購入することは薬事法に違反します。
ですが薬事法は日本で市販している医薬品に対しての法律なので、個人で海外から購入すれば違法ではありません。
海外は日本と違ってアフターピルなどの医薬品に関して寛容で、薬局などでも市販されているため、ネット通販でも同じように簡単に購入することができます。

またネット通販を通じて海外から購入する場合、「病院で処方されるよりも安価で入手できる」点もメリットです。
病院を利用した場合アフターピルは1万円ほどかかりますが、ネット通販であれば1錠2000円程度で購入することができます。
これだけでも安いですが、病院では診察料も含めると3万円がかかる場合もあるため、ネット通販で買う方が値段の面ではかなりお得になっています。

個人輸入が不安な方は、代行業者に依頼するのも良いでしょう。
到着するまでに時間もかかりますが、面倒な支払いを全て代行業者の方で済ませてもらえます。
アフターピルは常備しておきたい避妊薬ですが、個人輸入をする場合は海外から輸送するため、到着にも時間がかかります。
そのため、事前に一つ購入しておくのが良いでしょう。

関連記事
通販で購入できるアフターピル「アイピル」 2019年11月15日

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時...

アイピルはできるだけ早く服用しよう! 2019年12月04日

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。結果として妊娠を防ぐことに繋がります。ア...

トリキュラーの副作用が辛いときはマーベロンを試そう 2020年01月08日

トリキュラーは低用量ピルの一種ですが、副作用が辛い場合はマーベロンを試してみると良いでしょう。マーベロンは第3世代の低湯量ピルに分類されており、有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルとなっています。エチニルエストラジオールとデソゲストレルを体内に取り入れること...

低用量ピルのトリキュラーで普段から避妊対策 2019年12月19日

低用量ピルには色々な種類がありますが、その中でも有名なのが「トリキュラー」です。トリキュラーは日本国内のクリニックで、最も処方されている低用量ピルとも言われています。正しく服用することができれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られるのが低用量ピルの魅力です。トリキュラーを服用して、なぜ避妊の効果...

予期せぬ妊娠を防ぐアフターピルはどこで買えるの? 2019年10月13日

緊急避妊薬のアフターピルはモーニングアフターピルと同じものです。日本ではドラッグストアなどで市販されていません。アフターピル(モーニングアフターピル)は、避妊が間に合わなかった場合や、コンドームが破損してしまった場合、男性が膣外射精を強行した場合、そして強姦などの非常事態に使用されるものです。パート...