予期せぬ妊娠を防ぐアフターピルはどこで買えるの?

多様な薬

緊急避妊薬のアフターピルはモーニングアフターピルと同じものです。
日本ではドラッグストアなどで市販されていません。
アフターピル(モーニングアフターピル)は、避妊が間に合わなかった場合や、コンドームが破損してしまった場合、男性が膣外射精を強行した場合、そして強姦などの非常事態に使用されるものです。
パートナーがいる人や性交の可能性がある人は、お相手とコンドームなどによる避妊の方法をしっかり話し合って決めておくべきなのですが、相手が協力的でない場合などは、女性が自ら自分の体を守るために主体的に日々避妊薬(低用量ピル)を服用することで、避妊が確実なものにできます。

避妊薬もまた、市販はされていません。
インターネットでは、最近、ネット診療がある病院も出てきていますし、輸入代行業者による販売もあります。
しかし、はじめて避妊薬やアフターピルを服用するのに、インターネットで購入したものをいきなり服用するのはおすすめできません。
偽物もでまわっていますし、副作用の問題もあります。

また、体は一人ひとり違うためにその薬が合わない場合もあるからです。
きつい副作用が出て、命にかかわる場合もあります。
ですので、初回は婦人科を受診して体を診てもらったうえで、合う薬のアフターピルやピルを処方してもらうのが一番です。

使い方も丁寧におしえてくれますので、まずは慣れてもう使いこなせる自信がついてから、間違いのないところを選んでインターネット購入などを考えればよいでしょう。
アフターピルは妊娠を望まない場合、72時間以内に服用しなければ効果がありません。
吐いてしまったら、もう1回分追加で飲むことが必要になります。

そして、アフターピルを飲んだから安心と、そのあとも性交してしまうと妊娠の可能性はあります。
アフターピルは生理を無理に起こしますが、その出血を見るまでは安心はできません。
生理予定日付近になっても来ない場合は婦人科の受診が必要です。

アフターピルは病院で処方してもらおう

病院で緊急避妊薬のアフターピルを処方してもらうには診察が必要です。
望まぬ妊娠を招かないためにも、避妊が出来なかった場合は早急に受診が必要です。
1日1日と胎児はおなかの中で成長していきます。
喜べない妊娠は避けなければなりません。

緊急避妊薬アフターピルの値段は保険診療ではないので高いのですが、そのまま妊娠を継続させてしまって中絶となるとさらに大変なことになります。
診察を受けると値段がわかるのですが、インターネットであまりに安いものは偽物の可能性があるので気を付けてください。
しかし、いくらアフターピルを服用したからと言って、完璧に妊娠を防げるかというとそうではありません。
妊娠阻止率は8割程度です。
ですので、安易にアフターピルに頼るのではなく、普段から避妊薬などで、きちんと避妊を行い、不幸な妊娠を招かないようにしてください。

避妊薬やアフターピルの処方を病院でしてもらい、気になる事があるときにかかりつけ医のように受診していくことで安心して毎日を過ごしていくことが出来ます。
年に一度はがん検診も受けておくと何かあっても早期発見が出来るのでさらに安心感があります。

でも、御医者さんも合う合わないがありますので、嫌な感じがする場合はまた別のところに行ってみると良いです。

アフターピルは多量の女性ホルモンが入っていて無理やり生理を早く起こすものですので、体に負担があります。
ですので可能な限り使用することなく、普段から避妊の意識を高く持つことが重要です。
安心のためにお医者さんに相談して1箱処方してもらえるならば、してもらっておくと安心感はあります。
球に必要となっても様々な都合で病院に行きにくいことがあるからです。
しかし、その後、診てもらっておくと安心です。

関連記事
通販で購入できるアフターピル「アイピル」 2019年11月15日

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時...

アイピルはできるだけ早く服用しよう! 2019年12月04日

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。結果として妊娠を防ぐことに繋がります。ア...

トリキュラーの副作用が辛いときはマーベロンを試そう 2020年01月08日

トリキュラーは低用量ピルの一種ですが、副作用が辛い場合はマーベロンを試してみると良いでしょう。マーベロンは第3世代の低湯量ピルに分類されており、有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルとなっています。エチニルエストラジオールとデソゲストレルを体内に取り入れること...

低用量ピルのトリキュラーで普段から避妊対策 2019年12月19日

低用量ピルには色々な種類がありますが、その中でも有名なのが「トリキュラー」です。トリキュラーは日本国内のクリニックで、最も処方されている低用量ピルとも言われています。正しく服用することができれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られるのが低用量ピルの魅力です。トリキュラーを服用して、なぜ避妊の効果...

アフターピルは病院でしか手に入らない? 2019年10月26日

一般に避妊をする方法として知られているのが、低用量ピルを日頃から服用する方法です。低用量ピルには様々な種類があり、避妊以外にも生理による苦痛を和らげる作用があるなど、女性には欠かせない薬でしょう。そんな低用量ピルとは別に、緊急の避妊薬として知られているのがアフターピルです。アフターピルは名前の通り性...