低用量ピルのトリキュラーで普段から避妊対策

微笑む女性

低用量ピルには色々な種類がありますが、その中でも有名なのが「トリキュラー」です。
トリキュラーは日本国内のクリニックで、最も処方されている低用量ピルとも言われています。
正しく服用することができれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られるのが低用量ピルの魅力です。

トリキュラーを服用して、なぜ避妊の効果を得られるのかというと、含まれている有効成分のエチニルエストラジオールと、レボノルゲストレルの働きが関係しています。
エチニルエストラジオールはエストロゲン、レボノルゲストレルはプロゲステロンという、女性ホルモンと同じ作用をするホルモン製剤です。

服用することで体内の女性ホルモン量を、妊娠中と同じようなバランスに保ちます。
一時的に卵巣を休ませて、排卵をストップする作用によって高い避妊の効果を発揮するのがトリキュラーです。
トリキュラー以外にも低用量ピルはありますが、他の種類に比べトリキュラーは副作用が起こり難いと言われています。

トリキュラーは三相性ピルといって、服用するタイミングによって含まれるホルモン製剤が、3段階に分かれているのが特徴です。
段階的に身体に取り込むホルモン量を変えて行くため、急激なホルモンバランスの変化が起こりません。

一気にホルモン製剤を取り込んでしまうと、ホルモンバランスの変化に身体が対応できず、吐き気や頭痛といった副作用を起こしやすくなりますが、徐々に取り込んでいくトリキュラーはホルモンバランスが、なだらかに変化するので副作用が起こり難いようです。

避妊薬としてのイメージが強いピルですが、副作用が少ないということもあり、トリキュラーの場合は生理痛緩和の治療としても処方されています。
トリキュラーには子宮内膜が厚くなるのを防ぐ作用もあり、これによって生理痛緩和の効果が得られます。
避妊だけでなく、女性にとって辛い症状となる生理痛も軽減できるトリキュラー、女性の味方になってくれる薬と言って良いでしょう。

トリキュラーを飲み忘れた時はどうする?

トリキュラーで避妊をする場合は、毎日同じ時間帯に服用を続ける必要があります。
ですが、長く服用を続けていると、ついうっかり飲み忘れてしまうというケースも出てくるでしょう。
もし、服用を忘れてしまったという場合、どのような対処法を行う必要があるのか事前に確認しておけば、もしもの時も安心です。

トリキュラーを飲み忘れた時の対処法は、大きく分けて2つの方法があります。
もし、飲んでいないと24時間以内に気が付いた場合は、すぐにその日の分を服用するようにしましょう。
24時間以内であれば飲み忘れてしまったとしても、服用することで避妊の効果は継続しています。
そして、当日分はいつもと同じ時間に摂取すれば、何も問題はありません。

もし気づいた時間が次の日の飲む時間だったという場合は、1度に2錠服用すると良いようです。
通常、トリキュラーは1日1錠だけ摂取するものですが、昨日飲む分を忘れていて今日、服用する時間になってしまった場合は特例的に2錠服用します。

24時間以内であれば、すぐ服用すればさほど問題はありませんが、2日以上連続して飲み忘れたという場合は危険です。
この時点でトリキュラーの避妊効果は、期待できなくなっています。
1度、服用をストップして消褪出血が来るのを待ちましょう。
飲むのを止めると消褪出血といって、通常よりも月経量が少ない生理が始まります。
生理が始まったら新しいシートから再度服用を始めます。

1度、ピルを飲むのを止めてしまうため、2日間以上飲み忘れてしまった場合は、他の避妊方法を行う必要があるので注意が必要です。
ただ、ピルユーザーの約8割が飲み忘れを経験したことがあるというデータがあるほど、忘れてしまうことはよくあります。
起こりやすいトラブルということを把握して、慌てずに正しい方法で対処することが、トリキュラーと上手く付き合うコツと言えます。

関連記事
「もしかして不感症?」そんなお悩みにはラブグラ! 2020年04月05日

性の悩みとして勃起不全(ED)で医療機関を受診するのは男性ですし、女性には一般的に性の悩みは無いのかと思われているかもしれませんが、実際には不感症であったり性交痛など、悩みを感じている女性は多いです。しかし性にオープンでは無い女性が多いことから、他の人に相談しづらく一人で悩んでいるというケースも多い...

薬はちょっとという方にも、色んな避妊方法があるんです! 2020年03月01日

恋人や結婚相手がいても、今は子どもを産むには早いと感じる方は性生活において避妊することが必要です。避妊には様々な方法があり、一番多いのはコンドームを使う方法でしょう。しかし、コンドームはそれだけでは正しく使わないとはずれたり破れたりしやすく避妊効果が低くなってしまいます。ですので、コンドームのみの避...

通販で購入できるアフターピル「アイピル」 2019年11月15日

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時...

アイピルはできるだけ早く服用しよう! 2019年12月04日

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。結果として妊娠を防ぐことに繋がります。ア...

女性には欠かせないホルモン「エストロゲン」 2020年02月05日

エストロゲンは脳の指令によって分泌される女性ホルモンです。そのため、自分で分泌量を増やすことはできません。そもそもエストロゲンなどの女性ホルモンは、女性が妊娠・出産するためのものです。エストロゲンは卵巣から主に分泌されて、子宮内膜を増殖させて厚くし胎児のベットの役割を果たすための作用があります。もう...