女性には欠かせないホルモン「エストロゲン」

エストロゲンは脳の指令によって分泌される女性ホルモンです。
そのため、自分で分泌量を増やすことはできません。
そもそもエストロゲンなどの女性ホルモンは、女性が妊娠・出産するためのものです。
エストロゲンは卵巣から主に分泌されて、子宮内膜を増殖させて厚くし胎児のベットの役割を果たすための作用があります。
もうひとつの女性ホルモンである黄体ホルモンのプロゲステロンは、妊娠を維持させる役割があります。

これらの女性ホルモンはいつも一定量分泌されるのではなく、約28日周期で増えたり減ったりを繰り返していきます。
エストロゲンの分泌は30歳前後でピークを迎え、それから徐々に減少していきます。
40歳を過ぎた頃から生理の周期がこれまでと違って乱れ、生理になったり来なかったりという不規則な状態となるのです。
そしてエストロゲンが急激に減り更年期になると汗が急に出たり、なんでもない事でイライラしたり、さらには顔や身体が熱くなるほてりなど、更年期障害と呼ばれる辛い症状に襲われます。

エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体つきになりバストアップや、美肌にする効果もあります。
なぜバストアップ効果があるのかといえば、バストを大きくする為に乳腺を増やしたり、脂肪が付き易くしてくれるためです。
そのほかにも、骨の生成にも深く関係があり、更年期障害になると骨粗鬆症の心配も出てくるのです。
さらに、女性ホルモンを整えることでアンチエイジングの効果も期待され、皮膚の新陳代謝を促すので、シミやシワを防ぐとされます。
エストロゲンは別名美肌ホルモンとも呼ばれていて、肌の若さに重要な役割があります。

エストロゲンは生理の終わり頃から排卵するまでの期間に、分泌量が増えて行きます。
このホルモンが充実している時期は、精神的にも身体的にも安定しているといえます。
女性がなにか愉しいことや嬉しいことで胸がドキドキすると、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。
このセロトニンとエストロゲンの分泌には関係があり、脳内がセロトニンで満たされるとエストロゲンも分泌されます。
エストロゲンを増やしてアンチエイジングをしたいなら、ドキドキする瞬間を増やすのが早道になります。

結合型エストロゲンを含んだプレマリンクリーム

結合型エストロゲンを含んだプレマリンクリームを使用することで、エストロゲンの分泌が低下した分を改善する効果があります。
辛い症状が現れる更年期障害など女性が使うことで、ほてりやイライラするなどの症状を緩和することが可能となります。

卵胞ホルモンにはエストロゲンやエストリオール・エストラジオール・エストロンなど種類があり、なかでもエストラジオールは強い効果を示し、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。
プレマリンクリームを使うことでエストロゲンの低下を軽減させ、更年期障害の症状を緩和させていく他に、子宮内膜からの出血や子宮の乾燥・萎縮にも効果があります。

プレマリンクリームの使用方法は膣内に直接注入しますので、使用量が少なくても効果が発揮されます。
一般的には0.5gから始めて、症状の状態によって2gまでの間で調節していきます。
膣内に注入する使用方法は、まず手を清潔にしてからアプリケーターの吸引部分を円筒アプリケーターの溝がない場所へ差し込みます。
チューブのキャップを外して、溝のある部分にチューブを押し込んで下さい。
そして、チューブの底を押してアプリケーター内に医師の指示通り容量を入れ、これを横向きになった状態で膝を立て、膣の奥へとゆっくりアプリケーターを挿入してください。
吸引部分を押すと中の薬剤が押し出されるので、すべてのクリームを使ってください。

これを周期的に3週間治療し、1週間休む使用方法でおこないます。
プレマリンクリームの副作用には頭痛や腹痛・不正出血・吐き気や嘔吐などがあります。
また、重篤な副作用として乳がん・子宮がん・心臓麻痺・卵巣がん・血栓・高血圧・子宮筋腫などが報告されています。

関連記事
「もしかして不感症?」そんなお悩みにはラブグラ! 2020年04月05日

性の悩みとして勃起不全(ED)で医療機関を受診するのは男性ですし、女性には一般的に性の悩みは無いのかと思われているかもしれませんが、実際には不感症であったり性交痛など、悩みを感じている女性は多いです。しかし性にオープンでは無い女性が多いことから、他の人に相談しづらく一人で悩んでいるというケースも多い...

薬はちょっとという方にも、色んな避妊方法があるんです! 2020年03月01日

恋人や結婚相手がいても、今は子どもを産むには早いと感じる方は性生活において避妊することが必要です。避妊には様々な方法があり、一番多いのはコンドームを使う方法でしょう。しかし、コンドームはそれだけでは正しく使わないとはずれたり破れたりしやすく避妊効果が低くなってしまいます。ですので、コンドームのみの避...

通販で購入できるアフターピル「アイピル」 2019年11月15日

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時...

アイピルはできるだけ早く服用しよう! 2019年12月04日

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。結果として妊娠を防ぐことに繋がります。ア...

トリキュラーの副作用が辛いときはマーベロンを試そう 2020年01月08日

トリキュラーは低用量ピルの一種ですが、副作用が辛い場合はマーベロンを試してみると良いでしょう。マーベロンは第3世代の低湯量ピルに分類されており、有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルとなっています。エチニルエストラジオールとデソゲストレルを体内に取り入れること...