通販で購入できるアフターピル「アイピル」

満足をしている女性

妊娠を望んでいない時は避妊をするのがマナーですが、コンドームが破れる、望まぬ性交渉に至ったなどトラブルがあります。
そういった時に役立つのがアフターピルで、服用することで妊娠を避けることが可能です。
ただ気を付けたいのはアフターピルは性交後に服用する時間が重要になり、早いほど避妊効果の確率が高くなり、時間が過ぎると低くなってしまいます。
だいたいは72時間を目安にしてタイムリミットとして考えられていて、最大でも120時間を過ぎると服用しても意味がなくなるので注意が必要です。

そのため妊娠を避けたい時にはすぐの服用が必要となり、病院で診察を受けて処方してもらっているとタイムリミットになる可能性が高まります。
常備しておくと安心ですが、ドラッグストアなどでは販売しておらず、簡単に入手するのは難しいです。
求める方法としては病院で処方してもらう、または個人輸入という形で海外から通販をしなければいけません。
薬事法が絡んでいるので自分一人で行うのは難しく、個人輸入代行業者を利用して通販で求めるのが手軽なやり方になります。

通販で購入できるアフターピルの種類は多くありますが、中でも人気はアイピルです。
多くの病院で処方されているノルレボのジェネリック医薬品で、同じ有効成分のレボノルゲストレルが配合されています。
ノルレボとほぼ変わらない効果を持ちながら、価格的には安く、使用するのも1回の服用で良いのが魅力的です。
手軽さがあるので、常備しておくと心強さにつながります。

気を付けたいのは性交渉後すぐの服用で95パーセント以上の確率で妊娠を避けることができますが、5パーセントは阻外できないというところです。
体質やタイミング、運などによって変わってくるので過信はできません。
ただ避妊の確率という面で考えると、実はコンドームを使用するよりも高くなります。
少しでも妊娠を避けるためには早めに服用するのが良く、常備しておくと安心です。

アイピルの避妊効果が知りたい!

アフターピルのアイピルはノルレボのジェネリック医薬品で、レボノルゲストレルが1.5mg配合されています。
避妊効果としては服用することによって、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと同じ作用を起こし人工的に分泌された状態を作ります。
黄体ホルモンは排卵4週間後にエストロゲンが減少する時期に分泌されて、子宮内膜を増殖させ卵子が着床しやすい環境を作り出すのが特徴です。

そして黄体ホルモンの分泌が少なくなると生理が起こるという仕組みが女性の体には備わっていて、アイピルなどアフターピルを服用することで、体内に黄体ホルモンが分泌されたと脳が勘違いします。
その後に薬の効果が切れると分泌しない状態が人工的に作り出し、生理が起こるメカニズムと同じ状況が作られて妊娠を防止する働きに繋がっていくわけです。

アイピルの避妊効果は最高で95パーセントとなりますが、気を付けたいのは服用する際にタイムリミットがあり、過ぎてしまうと効果がほとんどなくなってしまいます。
最大72時間と言われていて、早く服用するほど妊娠を阻害する確率が高くなるのが特徴です。
72時間というのは意味があり、受精して着床するまでにかかる時間となるので、過ぎてしまうと効果が得られなくなります。

確実に妊娠を避けるためには性交渉直後にアイピルを服用するのが良く、そのためには常備しておく必要があります。
ドラッグストアなどで取り扱いはされていませんが、個人輸入代行を利用して通販で求めることができるので、もしもの時のためにアイピルを通販しておくとよいでしょう。
信頼できるところを見つければ手軽に求められるので、妊娠を望んでいない場合は所持しておくと安心につながります。
そして服用する時は、時間を気を付けるようにすることが大切です。

関連記事
アイピルはできるだけ早く服用しよう! 2019年12月04日

緊急的に避妊する方法としてアイピルを服用するという方法があります。アイピルはアフターピルの一種であり、正しい方法で服用すれば避妊率も高くなるということです。有効成分がホルモンバランスを変化させることにより、排卵を遅らせる効果や阻止するなどの効果が期待できます。結果として妊娠を防ぐことに繋がります。ア...

トリキュラーの副作用が辛いときはマーベロンを試そう 2020年01月08日

トリキュラーは低用量ピルの一種ですが、副作用が辛い場合はマーベロンを試してみると良いでしょう。マーベロンは第3世代の低湯量ピルに分類されており、有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのデソゲストレルとなっています。エチニルエストラジオールとデソゲストレルを体内に取り入れること...

低用量ピルのトリキュラーで普段から避妊対策 2019年12月19日

低用量ピルには色々な種類がありますが、その中でも有名なのが「トリキュラー」です。トリキュラーは日本国内のクリニックで、最も処方されている低用量ピルとも言われています。正しく服用することができれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られるのが低用量ピルの魅力です。トリキュラーを服用して、なぜ避妊の効果...

アフターピルは病院でしか手に入らない? 2019年10月26日

一般に避妊をする方法として知られているのが、低用量ピルを日頃から服用する方法です。低用量ピルには様々な種類があり、避妊以外にも生理による苦痛を和らげる作用があるなど、女性には欠かせない薬でしょう。そんな低用量ピルとは別に、緊急の避妊薬として知られているのがアフターピルです。アフターピルは名前の通り性...

予期せぬ妊娠を防ぐアフターピルはどこで買えるの? 2019年10月13日

緊急避妊薬のアフターピルはモーニングアフターピルと同じものです。日本ではドラッグストアなどで市販されていません。アフターピル(モーニングアフターピル)は、避妊が間に合わなかった場合や、コンドームが破損してしまった場合、男性が膣外射精を強行した場合、そして強姦などの非常事態に使用されるものです。パート...